媒体の電子化

Digital Invention

媒体の電子化をするということ

近年では何もかもが電子化へと向かっています。
電子化をするには様々な媒体が必要ですが、それは無数に存在します。
例えば書籍や絵といったものから社内で使用するデータ、グラフといったものです。
趣味的なもので言えば特に電子書籍がメジャーなものとして扱われています。
電子化がもたらすものはその物理的な性質からの解放です。
部屋の中のものというのが全てパソコンに入れられるならとても良い環境となるでしょう。
それは仕事の上でも同じです。
オフィスのデスクが綺麗に片付いたら仕事環境を良いものにすることができ、能率の上昇も見込めるかもしれません。
このメリットには物理的なものからの解放という効果の他に、アクセスのしやすさというのが挙げられます。
例えば「歴史上の人物」というキーワードでファイル検索を行えば、それに合致したテキストが見つかるでしょう。
織田信長や織田一族に関するものであれば「織田」で検索すれば良いのです。
資料を探すという手間が一切無くなるという面でも電子化は有利なことなのです。

紙媒体の電子化について

電子コミックなどという形で、紙媒体のものの電子化が進んでいます。
スキャナなどで取り込むことで、これを成し遂げているのです。
さてこれで便利な点は、なによりも媒体の変更です。
紙からデジタルデータとすることで、紙として扱う手間をなくすのです。
たとえば、紙の本は多くなると場所をとりますが、電子化をしておけばそのデジタルデータを記録してあるデバイスのみですむ、ということです。
しかし、不便な点もあります。
最近は証明の工夫などもされているようですが、デジタルデータ閲覧は紙によるそれよりも多くの負担を目に与える場合が多いと考えられます。
また、一つのデバイスにまとめているということは、ばらばらにして閲覧できないということです。
そのデバイスを起動できなければ、閲覧ができません。
また、起動時間のことも考えられます。
加えて、電子媒体は物理的に、紙に比べて強度が下であると考えられます。
たとえば真っ二つになってしまったとき、紙ならばなんとか読むこともできるでしょうが、電子化されているとそうでもない可能性が非常に高くなります。

おすすめWEBサイト 5選

マンスリーマンションを東京で探す
https://www.tokyo-monthly.jp/

2017/4/14 更新

COPY RIGHT (C) Digital Invention. ALL RIGHT RESERVED